【受験サプリ】 高3 スタンダードレベル化学(理論編) 坂田 薫

Pocket

(1)効果的な対象者:

化学を学習するすべての初心者。

 

(2)俺だったらこう使う:

学年問わず化学初学者に受講させる。

学校の授業を1年生の時さぼっていて、化学の基礎がスカスカだけど、学校はどんどん進んでいてどうしよー追いつきたいなーと悩んでいる高校生。

 

(3)推奨受講期間:

全12コマをなるべく早く受けさせる。

 

(4)構成:
第1講 化学量と物質量
第2講 濃度・化学反応式と量的関係
第3講 結晶格子(金属)
第4講 結晶格子(イオン・共有)
第5講 気体
第6講 混合気体
第7講 飽和蒸気圧
第8講 熱化学①
第9講 熱化学②
第10講 反応速度
第11講 化学平衡
第12講 固体の溶解度

 

「はじめに」:

一般的な私立と国公立向けに作っていますよ。

どのくらいのレベルを想定するのかわかりにくいが、完全に初学者向けの講義です。

 

「予習復習」:

予習は演習問題を解く

授業は導入と、演習の解説

復習は演習の確認とテスト

もし、予習の段階で解けない場合は、導入部分だけ見てから、もう一度問題を解くのもあり。

とにかく理論化学は、暗記では点数が取れない訓練が必要なので、手を動かしてくださいね。

 

(5)概要:

あらおきれいな人。

そして、なんか声優みたいな声ですね。

トポケモンとかに出てきそう。

ゆっくりしゃべりわかりやすく説明してくれる。

口調が幼い子をたしなめるようだが、「初学者」向けと考えるといいのかな。

 

この授業を、高校で化学を学習していない、文系の大学生に受けさせてみると、

モル計算や、少し複雑な化学平衡とかも理解したので、

完全に初学者でも受講可能。

 

これを受講しつつ、学校で提供される、セミナーやセンサーなどの問題集で定着させれば、

化学の基礎力をつけるという意味では十分だろう。

 

「はじめに」では、一般的な私立と国公立対策と言っているが、一般的の定義がわからない。

正直申し上げて、このテキストを完璧にすれば国公立に合格できるか?と言われば無理だろう。

あくまで教科書の例題レベルの問題と、その解説のみの講義。

 

このテキストを完璧にする+セミナー化学を完璧にする。

それくらいやれば、いわゆるマーチレベルは合格できるだろう。

受ける価値のある素晴らしい授業です。

 

この授業を自分がどうやって活用すべきかが不安な人。

受験の相談、カリキュラム作成依頼は⇒お問い合わせ

__________________________________________

受験サプリの申し込みは↓↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です