【受験サプリ】高3 トップ&ハイレベル物理 ~学習指導要領改定分~ 中野 喜允

Pocket

 

高3 トップ&ハイレベル物理 ~学習指導要領改定分~ 中野 喜允

 

(1)効果的な対象者:

学習に時間がある人。

1・2年生の夏や冬休みに。

 

 

(2)俺だったらこう使う:

使わない。

受験終わったら一気に受ける。

ざっくり概要をつかむために、5日間くらいで受けさせる。

 

(3)推奨受講期間:「身に着ける」というスタンスだと時間がかかるので、

「知る」というスタンスでさらっと使う。

 

(4)構成:

1講から10講までの10講議

第1講 光電効果
第2講 粒子性と波動性
第3講 水素原子モデル
第4講 X線と結晶解析
第5講 総合演習(1)
第6講 核反応
第7講 半減期と年代測定
第8講 総合演習(2)
第9講 相対論に関わる問題
第10講 宇宙と素粒子

 

(5)概要;

学問的に興味がある人はやったらいいとは思いますが、

私のスタンスは、受験に過不足ない学習を低コストで。

という発想なので、入試に出ないかもしれないものに時間を割くのはあまり賛成できません。

 

入試の出願要綱を見ると、出ると書いてある大学は結構あるんだが、

2015年度の入試に置いて、東大・早稲田・慶応では、原子・原子核については出題がありませんでした。

 

確かに、ちょこっと暗記すればできる部分ですが、時間が厳しい人は受講する必要はないでしょう。

 

どうしてもやりたいなら、

入試が終わった3月にでもさくっと受けてください。

 

1・2年生であれば今のうちに受けておくのはアリだと思います。

 

 

 

私に、何か聞いてみたい、相談してみたいという人はコチラまで。

※なお、アドバイスの条件を読んで、実行してから相談をお願いしますねー。


__________________________________________

受験サプリの申し込みは↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です