【受験サプリ】高3 〜文法編 比較〜 関 正生 [スタンダードorハイレベルorトップレベル]

Pocket

 

本日は、受験サプリ、

高3 英語 文法編の授業比較です。

 

【受験サプリ】高3 スタンダードレベル英語~文法編~(前期・後期) 関 正生

【受験サプリ】高3 ハイレベル英語~文法編~(前期・後期) 関 正生

【受験サプリ】高3 トップレベル英語~文法編~(前期・後期) 関 正生

の3つのラインナップがあるが、実際どの授業を受けたらいいのか?

 

3つの授業において、内容や教え方に大きな違いはありません。

テキストで教える項目の量がトップ>ハイ>スタンダードとなっている。

 

具体期には、

第23講 文型では、

スタンダードでは、GIVE型の第4文型をとる動詞一覧が載せてあり、

ハイレベルでは、GIVE型の第4文型をとる動詞を、第3文型に変える際に

「to」をとる動詞と

「for」をとる動詞も加えてまとめてる。

 

トップレベルでは、ハイレベルに加えて、「on」をとる動詞がまとめてある。

というように、載せている情報量に違いがある。

 

総じて、

関先生の授業を聞いて理解できるレベルの高校生は、

センター試験の英文法7割程度は取れるレベルでしょう。

丸暗記やフィーリングでセンター試験において120~140点が取れる層と考えると、

受講の必要な講座は『トップレベル英文法』の講義だけ。

 

しかし、そのレベルにある子は24回も人から講義を受ける時間がもったいないという視点もある。

 

中高一貫の子は時間対効果を良く考えて受ける事。

月額980円で安いからと飛びついても、

君たちの「時間」という高額なモノと交換している。

という事実をお忘れなく。

逆に、公立高校の子は、文法を2年間かけて間延びして教わったり、

関先生のような教わり方をしていなかったりするので

効果的かもしれない。

 

いずれにせよ、本質を追求する先生の講義は、受験において余分な知識を入れる可能性がある。

※実際に英語を使う際には非常に有益な講義ですが、時間効率を考えると、一気に覚えてしまって、

理解している段階で関先生の講義を受ける方が効率がよいでしょう。

 

自分にこの授業があっているかどうか不安な人、

受験の相談、カリキュラム作成依頼は⇒お問い合わせ


__________________________________________

受験サプリの申し込みは↓↓

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です